テーマ:発達障害

お休中

高熱がでました。 あれからずぅ~~と体温高めで 体不調でしたが。。 動かないと気が滅入ってしまいそうで ゴソゴソしていましたが・・・・。 また高熱が出てしまいました。 さすがにお休みです。 心労かな?

続きを読むread more

卒業シーズン

社会人も卒業する時期。 現役をリタイアして新しい環境へ 向かう人や転職する人。 この時期は新旧入れ替えで バタバタする時です。 医療ミスも多いのはこの時期 気持ちを引き締めていきたいものです。

続きを読むread more

オープンしました

愛知県医療療育総合センターが オープンしました。 新棟への引越も終わり。 2015年よりの建設進行状況の 追っかけもこれでひと段落。 愛知県障害者コロニーとしての 役目は終了です。 これで冬暖かく夏涼しい快適な 環境で働けます。 研究所古かったもんねぇ。。

続きを読むread more

講座のお知らせ

発達障害・県民講座開催のお知らせ。 今年度のテーマは 「てんかんの仕組みと コントロールへの取り組み」 です。 日 時 平成31年2月2日(土)午後1時30分~午後4時30分 会 場 愛知県名古屋市中区栄2-2-5 電気文化会館イベントホール 定 員 150名(無料)

続きを読むread more

セミナー抄録

2018年セミナーの抄録を一部 掲載します。 セミナー開催の詳細は前記事を参考に してください。 精神疾患iPS細胞由来ドパミンニューロンを用いた 病態解明と治療薬開発 尾崎紀夫 (名古屋大学大学院医学系研究科 精神医学・親と子どもの心療学分野) 近年、知的能力障害(IDD)、統合失調症(SCZ)や自…

続きを読むread more

セミナー抄録

2018年セミナーの抄録を一部 掲載します。 セミナー開催の詳細は前記事を参考に してください。 <精神疾患のグルタミン酸仮説> 田中光一 (東京医科歯科大学 難治疾患研究所 分子神経科学) グルタミン酸は哺乳類の中枢神経系において記憶・学習などの高次機能を調節する主要な興奮性神経伝達物質として知ら…

続きを読むread more

セミナー抄録

2018年セミナーの抄録を一部 掲載します。 セミナー開催の詳細は前記事を参考に してください。 <脳イメージングを用いた精神症状と認知機能の理解> 山田 真希子 先生 (国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所  脳機能イメージング研究…

続きを読むread more

公開セミナー2018

発達障害研究所開催の公開セミナーの案内。 <神経伝達の異常と精神神経疾患> 平成30年12月21日(金) 午後1時~午後5時10分 愛知県心身障害者コロニー 総合管理事務所1階 講堂 定員50名(申込先着順)  無料 講演1 深田 斉秀 (愛知県心身障害者コロニー 発達障害研究所 発生障害学部 主任…

続きを読むread more

餅つき大会

平成30年度もちつき大会のお知らせ。 12月12日水曜日 愛知県心身障害者コロニー 駐車場にて開催 ご参加お待ちしております。

続きを読むread more

最後のコロニー祭

平成最後そして愛知県コロニー最後 (医療療育総合センターへ改名予定)の コロニー祭開催のお知らせです。 4月から新しい病院棟に引越(現在建設中) 現在の建物群での最後のコロニー祭でもあります。 テーマ:温かい 笑顔で繋ぐ 人と地域(まち) ~明日にむかって~ 平成30年9月30日(日) 10;00~15:00…

続きを読むread more

引越準備中

いよいよ新しい建屋への引っ越しも 近づいてきて準備にバタバタしています。 勤務先の話です。 部屋が狭くなるので持って行くものも精査中。 不用品の洗い出しや新規購入品選定中です。 記念式典の準備も合わせて進行中です。 記念誌や上映ビデオ制作に追われバタバタと・・・・ 当日知事も出席とか。

続きを読むread more

最新障害治療の臨床

発達障害児の治療薬・治療方法への アプローチに関する資料が届きました。 治療の実態と臨床実施病院 治療と予防 容量の関係で全5Pの内2Pまでを表示

続きを読むread more

講演

昨日行ってきました。 周生期における遺伝子治療 小児期における自己臍帯血治療 による発達障害治療についての 講演でした。

続きを読むread more

講座補足2

2月開催の講座内容の補足説明です。 【テーマ】 重症心身障害の今と未来 議題2 「重症心身障害の治療と予防への試み」 重症児(者)は「重度の知的障害と重度の肢体不自由が重複する児童」と、児童福祉法に定義されています。そのような状態は胎児期~小児期における脳損傷によって引き起こされることがほとんどです。この講義では、重症児…

続きを読むread more

講座補足1

2月開催の講座内容の補足説明です。 【テーマ】 重症心身障害の今と未来 議題1 「愛知県における重症心身障害のある人と家族の概要」 児童福祉法上、重度の知的障害と重度の肢体不自由を併せもっている児童を重症心身障害児といいます。息をしたり食事をするのにも障害のあることが少なくなく、幼いうちに亡くなる人も珍しくありません。い…

続きを読むread more

講座開催で

愛知県で開催される障がい者講座、 「平成29年度 発達障害研究所県民講座」 <テーマ:重症心身障害の今と未来> において募集期間は終了したのですが 席に若干の余裕があるので追加募集をしています。 開催  日時:平成30年2月3日 土曜日 午後1時30分から午後4時30分 場所  名古屋市中区栄 電気文化会館 講演概…

続きを読むread more

セミナーより4

バリン代謝異常症の病態解明と治療へのアプローチ 山田 憲一郎 (愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所 主任研究員) 遺伝学部では、出生時に筋緊張低下、発達遅滞、両側基底核病変等が見られる複数のLeigh脳症患者の遺伝子解析を行い、アミノ酸バリンの代謝経路にある酵素であるshort-chain enoyl-CoA hyd…

続きを読むread more

セミナーより3

レット症候群の新たな分子病態メカニズム 辻村 啓太 (名古屋大学大学院医学系研究科 精神医学分野 高等研究院[兼務]) レット症候群は女児に起こる進行性の神経発達障害であり、自閉スペクトラム症、知能や言語・運動能力の発達遅延、てんかん、中枢性呼吸障害等を呈する、約10,000人に1人の頻度で発症する指定難病です。その発症…

続きを読むread more

セミナーより2

AAVベクターによる遺伝子治療 村松 慎一 (自治医科大学 内科学講座 神経内科部門、東京大学医科学研究所 遺伝子・細胞治療センター ) アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターは, 神経細胞に効率よく遺伝子を導入し, 長期間(15年以上)発現が持続する. 神経科学の基礎研究では, Optogeneticsにおける光感受性チャ…

続きを読むread more

セミナーより1

抑うつ発症のリスクファクターとしてのトリプトファンーキヌレニン経路の変動 斉藤邦明 (藤田保健衛生大学大学院医療科学専攻 病態制御解析学/先進診断システム探索研究部門) トリプトファン(Trp)をキヌレニン(KYN)に代謝する酵素としてはIndoleamine 2,3-dioxygenase(IDO)とTryptopha…

続きを読むread more

H29年発達障害県民講座

平成29年度 発達障害研究所県民講座のおしらせ  <テーマ:重症心身障害の今と未来>  日時:平成30年2月3日 土曜日 午後1時30分から午後4時30分  場所:名古屋市中区栄 電気文化会館

続きを読むread more

餅つき

12月5日(火)愛知県医療療育総合センター(仮)にて もちつきが行われます。 多数のご参加をお待ちしております。

続きを読むread more

コロニー祭のお知らせ

平成29年度コロニー祭開催のお知らせ <<温かい笑顔で繋ぐ 人と地域(まち)~明日にむかって~>> 作品販売、ステージ演奏、サイエンス教室、障害者スポーツコーナー、 ゲーム、抽選会、模擬店、フリーマーケット等、 地域の方々も一緒に楽しんでいただける様々な催しを行います。 平成29年10月1日(日曜日)午前9時30…

続きを読むread more

学生向け遺伝子講座

高校生向け 基礎実験体験講座のお知らせ   テーマ「がん遺伝子のはたらきを見てみよう」 ~がん細胞を狙い撃ち!くすりではたらきは抑えられる~ 愛知県がんセンター研究所 平成29年8月3日(木) 9:00~17:00 事前予約が要ります。 詳細は愛知県がんセンターホームページに掲載中

続きを読むread more

公開講座のお知らせ

テーマ:「膵がんを知ろう!」 場所:愛知県産業労働センター ウインクあいち5F     名古屋駅より徒歩5分 平成29年5月13日(土) 14:00~16:00 定員 150名 事前予約不要 1.診断と最新の内視鏡技術 2.膵がんの外科治療の進歩 3.膵がんの抗がん剤治療-最新の知見- 講師 司…

続きを読むread more

自閉症スペクトラム障害

講演会で配布された抄録。 詳細は前回のプログラムを参照してください。 講演Ⅰ要旨 自閉症スペクトラム障害(自閉スペクトラム症)は、社会的コミュニケーションの障害に加えて、常同運動、こだわり、興味・関心の偏り、感覚過敏・鈍麻(聴覚,触覚,味覚など)などを呈する症候群です。その中には、これまで使用されてきた診断名である自…

続きを読むread more

自閉症のゲノム変化は

講演会で配布された抄録。 詳細は前回のプログラムを参照してください。 講演Ⅱ要旨 自閉症の発症に遺伝的素因が大きく影響することは40年前から指摘されてきました。遺伝的素因、つまり持って生まれた自閉症になりやすい、あるいはなりにくい要因とは何でしょうか? それは各人が持つ遺伝情報の中にあります。2003年に完了したヒトゲノ…

続きを読むread more

ASDのある子どもの

講演会で配布された抄録。 詳細は前回のプログラムを参照してください。 講演Ⅲ要旨 自閉症スペクトラム障害のある子どもへの支援において、最も身近な存在である家族への支援は大きな意義を持っています。子どもへの支援と同様に、家族支援においても、ライフステージに沿った早期からのアプローチが重要だと考えられています。特に幼児期には診…

続きを読むread more